×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

..... 慢性疲労症候群(CFS)?



慢性疲労症候群(Chronic Fatigue Syndrome:CFS)という病気を、ご存知でしょうか。
恐らく、「それって何?」と思われる方が大半だと思います。
でももしかしたら、「知ってるよ」という方も居られるかもしれませんね。
近頃はメディアで取り上げられることも増えてきて、認知度が高まってきているようです。
でもやっぱりまだまだマイナーな病名だと思います。
わたしが今まで出会ってきた人の中でも、知っている人はいませんでした。

「慢性疲労症候群」って名前の通りの病気なのですが、なんとなくわかりにくい病名だと思います。
だって、通常では「疲労=病気」という考えることはないからです。
疲労というのは休息をとれば回復するもの。
本来そういうものであるはずで、病気にはなりえないはず。
ところが、休んでも休んでも疲労が取れない。
一日中寝ていても、次の朝どうしても起き上がれない。
常に微熱があって、倦怠感がとれない。
少し出かけただけでも(例え半時間ほどの散歩程度であっても)、
帰ってくると布団に倒れこみ起き上がることが出来なくなる。

でも、病院に行き検査をしても異常は発見されない。
「どこも悪くありません」と言われてしまう。

確かに、身体疾患がないのであれば、「疲労」だとしか言えない症状です。
けれど、やはり異常です。どう考えても健康ではありません。
病的な疲労
それが、「慢性疲労症候群」の主な症状です。


○ 慢性疲労症候群の症状


慢性疲労症候群の症状といわれているものを、簡単に書き出してみます。

・ 疲労
 →病的。身体的、精神的。
   何とか日常生活が出来る程度のもの(しかし休日は寝たきり状態)
   〜介護が必要なものまで。
・ 痛み
 →筋肉痛、関節痛、リンパ節の痛み、喉の腫れ…など。
・ 記憶力や思考力の低下
・ アレルギー症状の悪化や、音や光への過敏
・ 体温調節失調
 →悪寒や、常に続く微熱など
・ 不眠や仮眠などの、睡眠障害
・ 精神障害(鬱症状など)
・ 口内炎や甲状腺の炎症、低血糖発作など

詳しくは、WikipediaCFS広場さんをご参照ください。


○ とっても説明しにくい、慢性疲労症候群。


CFS患者の人にとって一番大変なことのひとつが、
「自分の病気を説明すること」
だと思います。

まず、見た目からは病気がわからないこと。
たとえものすごーく疲れていても、外見は健康そうに見えるようです。
わたしは高校時代、階段も上れなくなったために教員用のエレベータを使っていたのですが
知らない先生に会うたびに「生徒は使っちゃダメだよ」、と…。
「病気なので、使わせてもらっています」と言うと、大抵続くのは
「なんの病気なの?」という言葉。

「慢性疲労症候群です」
と言っても(当たり前なのですが)、「……?」という反応。
慢性疲労症候群の知名度はまだまだ低いので
病名を言っただけで理解してもらえる、というケースはゼロに近いです。

「どんな病気なんですか?」と聞かれても、非常に説明しにくいのが慢性疲労症候群。
どこがどう悪くて、そのためどういう疾患が引き起こされるのか
…という説明がうまく出来ないのです。
「異常に疲労が溜まりやすくて…」
と言っても、「それって病気なの?」と思われてしまう。
「単なる体質じゃない?」
「睡眠不足なんじゃない?」
「気合でどうにかなるんじゃない?」

違うよぉぉ、泥沼のように眠ってても疲労も取れないし微熱も下がらないし、
階段も上れないくらいに衰弱してるんだよ、
気合でどうにかしたら次の日から3日間は布団から出られなくなるんだよぉぉぉ。

と思うものの、結局うまく伝えきれずに、
「そういう病気があるんです…」という説明が精一杯だったりする。
それがわたしの体験した、困ったことのひとつ。

あとから、インターネットで
「CFSについて説明しているサイトのページをプリントアウトして携帯しておき、
聞かれたらそれを見せればいい」という知恵を知り、早速実行していました。
(なるべくお医者さんなどが書いたものがオススメ)
その頃には周囲の人には大体広まっていたので、実際に使う機会はなかったんですけども。

CFS患者さんは、病気の影響で集中力や思考力そのものが弱まっているケースがとても多いです。
病気の説明をするだけでもぐったり疲れてしまうもの。(わたしもそうでした)
知名度自体が高まれば、ひとこと「CFSなんです」で済むようになるんですよね。
そういう時代が来ればいいのに…と思うと同時に、それだけポピュラーになってしまうくらいに
CFS患者さんが増えるのも、ちょっと悲しいことだなぁとも思うし。
でもせめて医療従事者の間だけでも浸透してほしいです。
(わたしの高校時代にはお医者さんでも知らない人が多かったのですが、最近はどうなんでしょう…?)